事業紹介

土壌汚染対策土地が汚染されていませんか?

土壌汚染対策とは

近年、工場跡地等の土壌及び地下水汚染が社会問 題となっています。土壌汚染における調査や対策には多くの過程があり、その度に多くの疑問やニーズが生じますが、土壌汚染対策とは「お客様の大切な財産の価値を守る」ということです。 要建設では、土地の改良から土地の有効活用まで幅広く提案・サポートいたします。

土壌汚染対策法

土壌汚染対策法は、土壌汚染による人の健康被害を防止することを目的として、平成14年5月29日に公布され、平成15年2月15日より施行されました。 この法律は、汚染の可能性の高い土地について。

  1. 有害物質を取り扱う施設の廃止時など、一定の機会をとらえて調査を実施すること。
  2. 土壌汚染が判明した場合には都道府県等が指定区域に指定すること。
  3. 指定区域では土地の形質の変更が制限され、土壌汚染によって人の健康に係る被害が生ずるおそれのある場合には必要な措置を講ずること等を定めています。

土壌汚染対策物質

第1種特定有害物質(VOC:揮発性有機化合物)
トリクロロエチレン、ベニゼンなど全11項目
第2種特定有害物質(重金属)
鉛、ヒ素、シアン、水銀など全9項目
第3種特定有害物質(農薬)
りん、PCBなど全5項目

土壌汚染の報告事例

ガソリンスタンド、クリーニング店、メッキ工場、農薬工場等で土壌汚染の報告がされています。

事業者 汚染物質 汚染原因
クリーニング事業者 VOC 使用物質の漏えい
メッキ事業者 重金属等 配管からの漏れ
化学製品製造事業者 重金属等 中間製品の裸地野積
光学系製品製造事業者 重金属等 汚染物質の漏えい
ゴム製品製造事業者 VOC 排水の地下浸透
農薬製造業者 有機りん化合物 汚染物質の漏えい
油脂類販売業者(ガソリンスタンド) 油類 排水の地下浸透

 

土壌汚染対策方法

立入禁止措置
汚染土の飛散による健康障害防止のためのシート等で覆う方法です。
舗装措置
汚染度の上部をアスファルト(コンクリート)で舗装する方法です。
指定区域外土壌入れ換え措置
汚染土を掘削搬出し清浄土と入れ換える方法です。
掘削除去措置
汚染度を掘削し、指定区域内(外)で汚染処理した土で埋戻す方法です。